« リスクとの向き合い方… | メイン

2010年06月27日

コードを書いてないと身体壊すかも!?

プログラムを書くのがメインの業務でなくなって久しいが、最近、ふと気づいた。

俺、コードを書いてないと身体壊すかも…

いや、別に「三度の飯よりコーディングが好き」とか「プログラミング、萌え〜」とかいう話では全く無い。
全く自慢にならないが、プライベートでプログラム書いたことあまり無いし。

そうでなくて、コードを書いていた時は適度に休憩時間があったのだ。
コンパイル時間という休憩時間が。

また、コーディングして、コンパイルして、動かすと、大概不具合があるから、そこからは設計・実装とは異なるデバッグという作業になり、自分の意志で頭の使い方を切り替えていたのもいい気分転換になった。

一方今はどうかというと、他人や自分が設定したミーティングの合間にメールを読んで返事しての繰り返しで、あまり隙間が無くなった。
しかもそのミーティングは後から発覚した仕様をどう実現するかとか、発生した/しているトラブルをどう回避(解決ではない)するかとかいった、自分の望まないタイミング・内容のものが多い。
さらにその合間で自分が設定したミーティングもやったりしている。
下手するとミーティング中の自分に関係なさそうな会話の間にメール読んで返事して、それが終わったら発言してなんてこともやってる。

実際はそんなに器用に出来てないので、定時から定時までこれを繰り返すと、ヘトヘトになる。
だから平日は残業できません(笑)

About

2010年06月27日 22:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「リスクとの向き合い方…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type