2005年02月22日

HISのRSS

HISが東京発海外ツアーのRSSを配信しています。

「H.I.S. 格安海外ツアー (東京発)」のRSSへの直リンク

RSS配信としてはちょっと面白い切り口ですね。
旅行先情報収集のためにしばらく購読してみようかな?

関連ページ
H.I.S. 格安海外ツアー (東京発)

Posted by iiroty at 22:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月10日

ワールドカップ期間限定のホテル・サービス

サッカーのワールドカップが開幕した。

とはいえ、世の中サッカー好きばかりなわけもなく。
まだまだ下火の日本ならばまだしも、サッカーに熱狂的なヨーロッパではワールドカップ逃避系のサービスがいくつかあるようだ。
その中でもサッカー発祥地イングランドのこのホテルは、なかなかの徹底振り。

ホテルの従業員が、「フットボール」の言葉を発したのに気付いたら、シャンパン1杯を無料贈呈。配る新聞からはスポーツ面を取り除く。W杯一色のテレビ番組から逃れるため、映画のDVDを提供する徹底ぶりだ。

ちょっと従業員がかわいそうかな。

Posted by iiroty at 17:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月18日

ペットと一緒に旅行を楽しめるかも!?

最近、犬を飼い始めたのだが、旅行のことを考えるとちょっと頭が痛い。
ペットホテルも高いし、親戚・知り合いに預けるのも双方にとって大変だし、心配だ。
ならいっそのこと連れて行けるといいんだけど…。

業界団体の統計によると、過去3年間にペット同伴で80キロ以上の旅をした米国人は、2900万人以上。このうち80%近くが犬、約15%が猫と一緒に旅行した。少数派としては、小鳥やフェレット、うさぎ、魚などとの旅を楽しんだ旅行者もいた。

こういった需要を受けて、世界には様々な同伴可能ツアーもあるようなので、値段に折り合いがつけば試してみたいところだ。
ん?でも飛行機の手配はどうするんだろ?

Posted by iiroty at 16:24 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月28日

タイ政府によるフランス旅行自粛勧告

フランスではタイ人が狙われているらしい。
ってわけではないだろうが…。

タイ外務省は25日、フランス内でタイ大使館の車両が複数回、窃盗や強盗に遭遇したとして、同国民に仏への旅行を延期もしくは中止するよう警告した。

ここのところ、フランスがらみの物騒なニュースをよく耳にする気がする。
私の中では行ってみたい国ランキングのかなり上位を占めているのだが…。

Posted by iiroty at 00:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月25日

ハンガリーの通りを命名してみる!?

古今東西、財政難に陥っているところはあるもので…。

財政難に陥っているハンガリー北東部の村は、8カ所の通りの命名権を1メートル当たり10万フォリント(約6万600円)で売却する、と発表した。権利は300年間有効と主張している。

意外と安いので、つい色んなことを考えてしまう。
しかし300年有効なことを考えると、下手な名前をつけるのは考えものだ。
特に和名。
安易に自分や家族の名前や会社名をつけたりしないよう、オススメしたい。

個人名をつける場合は注意点が一つ。

ただ、ハンガリーの法律では、存命中の個人の名前が街頭名となるのは違反。同村のアイデアは、死去後に名称とさせることを狙っている。

とのこと。
申請者を別にして同姓同名の死人を指定すれば、自分の名前でも付けられそうな気もするが、そういう面倒なことはしないように。
あれ?ひょっとして、名前が何であれ有効になるのは申請者の死去後なんだろうか?
この「権利は300年間有効」の「権利」ってのは、命名権じゃなくて名前を保持する権利だよな。
死後300年て、どうやって管理するんだろう…?

Posted by iiroty at 09:06 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月03日

国際線の航空機内への液体物持込制限

ひっじょーに面倒な新ルールが 2007/03/01 から始まったらしい。

我が国においても、国際的な協調の観点から、本ガイドラインに沿った新ルールを来年3月1日(※)から国際線に導入することを決定。今後、航空会社、空港設置管理者等関係者と協力のうえ、広報活動を通じ、利用者に周知を図っていく予定。
(※この引用元文章は 2006/12/19 時点のもの)

具体的には、航空会社カウンター等で預けるスーツケースとかではなくて、機内に持ち込む手荷物に対して以下のルールを守る必要がある。

  1. あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れる
  2. それらの容器を再封可能な容量1L以下の透明プラスチック製袋に余裕をもって入れる
  3. 旅客一人当たりの袋の数は一つのみ
  4. 医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等については、適用除外
  5. 上記プラスチック袋及びラップトップコンピューター等電子機器はバックから取り出し、上着類は脱いで別々に検査員に提示
  6. 保安検査後の免税店等で購入した酒類等は機内持込が可能。しかし海外で乗り継ぐ場合は、その国のルールに従い没収される可能性有り

念のため書くと、100ml 以下の液体が入った容器を複数持つことは可能。
ただそれらは「再封可能な容量1L以下の透明プラスチック製袋」に入れる必要があり、「旅客一人当たりの袋の数は一つのみ」なので注意が必要。

また上記6にある「免税店等で購入した酒類等」を持って乗り継ぐ場合も注意が必要。
「再封可能な容量1L以下の透明プラスチック製袋」に入れていてもダメケースもあるらしい。(伝聞)
欧州で免税店で液体を購入すると破かないと開封出来ない袋に入れてもらえるらしいが、搭乗前に開封すると没収とのこと。
機内用の水分は搭乗前毎に買うほうが無難そうな感じで、お土産のお酒を飲みながら帰る、みたいことはしないほうが良さそう。

ネタ元:

飲み物が持ち込みにくいからといって、絶対に水分をとるのを我慢しないように。
ネタ元にもあるが、エコノミー症候群になりかねないので、ご注意を。
エコノミー席でも水分補給のサービスはあるはずなので、そちらを積極的に利用しよう。

Posted by iiroty at 18:21 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月11日

90.8% の人が旅行の情報収集にインターネットを使っている!?

株式会社マクロミルのリサーチパネルに対して Web マーケティングガイドが調査を行ったところ、「旅行の情報収集にインターネットを使う人は 90.8% にのぼることが分かった」とのこと。

調査の対象が「20代〜50代のパソコンインターネットユーザー208人」という時点で「ま〜たやってるよ」と思ったりするが、以下のデータと比べてみると何気に興味深かったりする。

  • モバイルのインターネット: 6.8%
  • 旅行代理店の窓口: 38.8%
  • パンフレット: 76.7%
  • 雑誌: 51.5%

聞けば早いことをわざわざ自分で調べたがる日本人気質が結果に良く出ているが、そんなことよりも極端に低いモバイルに注目してほしい。
「パソコン経由でインターネットで調べる」と答える人間が9割いる集団で、ケータイを使う人はほとんどいなかったというわけだ。

え?何?
足したら 100% 超えたって?
これは必殺の複数回答アンケート。読み間違えないようにご注意を。

ネタ元:

「国内・海外問わず」で複数回答アンケートなのに 6.8%。
いやはや金鉱は見つけたが、掘り出す道具がないな…。

Posted by iiroty at 22:47 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月18日

第一次サンディエゴ出張記を更新中

かなり今更だが、2005年の第一次サンディエゴ出張記を更新中。
ようやく初日と六日目が書き終わり、七日目に突入。

DSCF0073

昔の旅行記を書くのも結構楽しい。

Posted by iiroty at 13:29 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月25日

第一次サンディエゴ出張記を更新完了

2005/09/05〜2005/09/15の第一次サンディエゴ出張記の更新が完了。

DSCF0088

結構行ってたんだな…。
初出張時は食べ物で困って大変だったなぁ(しみじみ)。

Posted by iiroty at 20:32 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月25日

機内の Wi-Fi サービスにはフィルタリングが必要!?

仕事で出張する際は、諸々の理由でノート PC を機内に持ち込むことになる。
これまでは単なる取り扱い注意のお荷物でしかなかったわけだが、最近は機内での Wi-Fi 環境も整いつつあって、何ぞの使い道も出てきそうなのだが…。

アメリカン航空のスチュワーデス、つまりはキャビンアテンダント(CA)の皆さまが、このほど加盟する客室乗務員組合(Association of Professional Flight Attendants)を通じて、「機内でWi-Fiサービスを提供するならば、いかがわしいサイトへのアクセスを遮断するため、フィルタリングを導入するように」との要求を掲げたようです。

気持ちは分かる。
とは言えフィルタリングとなると、またぞろどれをフィルタリングしてどれをフィルタリングしないのかでもめるし、新たなコストとなってしまい、にわかに導入できない。

エコノミー常連の私はわざわざ狭い席でノート PC を広げることはなさそうだから、関係ないか。

あ、機内でニコ動が見られるとなると、かなり楽しいかも。
でも「森の妖精」とかあるからフィルタリング対象かな…?

Posted by iiroty at 21:47 | コメント (0) | トラックバック